まちづくりと家庭医2

家庭医がコミュニティを育てる日々の記録

家庭医療

インフルエンザの薬どうする?

もちろん早く治るためなことは自明です これまでもインフルエンザにかかれば 5日間ないし1週間は 出席停止、出勤停止になります 健康な人であれば そのぐらい寝ていれば治る しかし日本人がなんのために 医者に殺到するかといえば インフルエンザかどうかを…

かかりやすいとは何か

かかりつけ医にかかれば 今後は医療費が安くなるらしい 内科のかかりつけ医 循環器のかかりつけ医 整形のかかりつけ医 何でもありだ かかりやすさとは何だろう 親切 表示が明確 顔見知り プライマリケアの質指標JPCATによれば 近接性 時間外でも連絡がとれる…

こまごましたこと

写真は本文と関係ありません、多分。 どういう性質からか 毎日仕事をしていると これがこうだったらやりやすいのに といつも考えています 質改善とかQIとか PDCAサイクルと言われていて 気づきを改善できるのも 家庭医の能力と言われています 以前に救急外来…

家庭医と眼科診療

ジェネラリストのための 眼科診療ハンドブック 作者: 石岡みさき 出版社/メーカー: 医学書院 発売日: 2015/12/21 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る 花粉症の季節ですね。 田舎で働いて2年、ついに私も花粉症を発症しました。 片目が赤くなり、く…

戦うか戦わないか

最近はー、ふつうに仕事しています。 インフルエンザワクチンの時期でもあるので、結構な数を打っていたり、1歳時健診で沢山予防接種をしたり、注射の日々を過ごしています。そのほかは概ね変わらずといった感じで。 週一回の大学勤務は、午前中は在宅支援セ…

ものがたりの断片

断片的なものの社会学 作者: 岸政彦 出版社/メーカー: 朝日出版社 発売日: 2015/05/30 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログ (27件) を見る この本は少し前に買っていたのですが、どこかに置き忘れてそのまま。やっと見つかったので読んで…

浅草まで15分

今年の学会のまとめ(長文注意) 土曜日はほぼ懇親会のみで名刺配りに終始。OHSUで頑張っている山下くんに会えたのは非常にラッキー!!二次会はパスしつつ、内輪で密談。。 日曜日は朝から気合を入れていたが、早速参加証を家に忘れて自爆。。このために、…

研修医来る

研修医が2週間来ることになりました。もともと学生や研修医は来ていたようですが、大学の地域研修として組み込まれるのは初めてらしいです。今回、ゼロからのスタート、さてどうしようか。外来は並んでやってもらうか、予診をお願いするか。往診とか初めてだ…

とかいなかの診療

2か月ほど田舎で診療した印象を書いてみます。多くはポジティブなことです。医療について子どもは普通にきます。人口が少ないのもありますが、みんなわりと健康だと思います。予防接種も2か月から普通に。自然に囲まれて過ごしているからかな。もちろんワク…

診療所の一日

診療所の朝は早い。8:30 健康診断 2件9:00-11:30 午前外来田舎なので何でも来る。基幹病院は30分ぐらいで行けるので専門家はそちらへ。お昼は一応ゆったりしている。検査伝票を整理したり、紹介状を書いたりします。13:30 予防接種、乳児健診普通に2ヶ月から…

達人の頭の中

土日は慈恵医科大学の家庭医療ブラッシュアッププログラムにシナリオライター兼チューターとして参加していました。このプログラムはすでにプライマリケアに従事されている専門医でこれから家庭医療もしくは総合診療的な力を身につけたい方向けのものです。…

ポートフォリオ整理

卒後しばらくすると、自分を振り返ることがなくなります。たまの教育ワークショップで話を聞いてもらうとなんだか久しぶりに優しくされたような気になり嬉しいものです。医長なんかになるとそうなりますね。日々の記録ですが、Evernoteに第2の脳scansnapで紙…

勝てる臨床研修

民医連と生協で他よりも研修医を集める方法は何か 総合診療はどこでも研修できる昨今 家庭医はここでしかできない? そうでもない 指導医が良い? 雰囲気が良い? 休みがたくさんある? 今更アウトローでもない セルフビルド コミュニケーション 柔軟さ 逆に…

メンターとロールモデル

常々、メンターとはなんだろうと考えてきました。研修医にメンターをつけましょうとカリキュラムで言われますが、そう簡単ではないと思っています。 同じ病院の指導医がなることはなんとなく解せないところです。そこには利害関係があります。では少し離れた…

学会にも行きますよって

今週は学会の準備もやっています。まだ終わっていません…ポスターは在宅での問題を地域包括とともに安定化することができた事例を一つと、家庭医が行うコミュニティマネジメントについての発表をします。どちらも土曜の午後。 事例発表でいいかなと思いつつ…

地域で話すとまた…

診療所に来て6年間、地域でいろいろな話をしてきた。家庭医が必要です、私は家庭医です。そこで言われること救急車を呼んだら、病院が見つからなかった。生協にも断られた。健康だからどこにもかかっていない。医師に相談するなんて敷居が高い。受診しないと…

総合診療専門医決まる

えらそうに言える立場でもないが、一応いろいろ考えるので書いてみる。内科専門医と総合診療専門医、違いは何か|医療維新 - m3.comの医療コラム相変わらず分かりにくいことこの上ないこの記事。総合、家庭、内科、これは患者目線であろうか。わかんないでし…

確定申告と雑所得

確定申告の時期です。私のようなのらりくらりとした医者は縁がありませんでしたが、今年は諸々の事情から行うことに。いつも気になるのが原稿料などの雑所得。20万円を越えると申告が必要なようです。まあそんなにないですけど。で、ときどき頂く原稿依頼。…

続・家庭医療的視点

病院においてもそうで診療所でどんだけ苦労して病院探しているとかデイケアとデイサービスはどう違うかとか区の保健師さんがいかに頼れるかとかは病院にいたら絶対にわからないおうちでの担当者会議とかケアマネージャーとの直接の付き合いだとか在宅での血…

家庭医療的視点

今日レジデントデイに来ていらっしゃった内科研修医の先生がこんなに充実した振り返り出来るなんて素晴らしいですと絶賛されていた面子がすごいですとか濃いですとか(言ってない)内科専門医が総合診療に関わる時代そういえば、専門医から総合診療医へのチェ…

今年も研究とコミュニティ

今年のテーマは研究。2月のプロトコル発表会に向けて医師患者関係医療人類学東京の地域医療在宅医療と看護病診連携あたりのテーマかなと思いつつ、全く決めきれず。波平恵美子先生や池田光穂先生の本を読むと面白そうだし、今の仕事からプライマリケアに貢献…

家庭医がいる診療所にするために必要なこと

家庭医がいる診療所にするために必要なこと うちは内科小児科の診療所ですので、いわゆる全科ではありません。 突発的にパート医師を雇うとき、あるいはこれから家庭医に定着してほしいと 思うときに幾つかできてほしいことがあります。 全くの私見ですけど…

診療所での鑑別診断

診療所で研修指導していて、鑑別診断について聞かれた時 病院とは違うなと感じました。病院ならあげるような鑑別はプライマリケアでは上がってきません。 疾患が分かっていればdynamedでよいのでしょうが、例えば口渇について調べることは結構大変です。 vin…

産後ほぼ半月

ほぼ2週間やったことミルクをあげるちょっとした手順があって覚えなくてはいけない。最初はこぼしたり溶けてなかったりして失敗続き。オムツを替える男の子は女の子より難しい!邪魔なものがあるせいでしょうねお風呂介助お風呂に入る準備と出てからの着替…

ポートフォリオを作る

ポートフォリオ作成合宿に参加しました。いったいポートフォリオとは何なんだろう。ムズイ、非常に難しい。相変わらずわかりません。通して思うのは、ポートフォリオを何のために書いているかがわかっているかどうかが重要なことです。家庭医療専門医に必要…

保健室やりたい

新宿人情保健室を見ての感想地域の認知症の方がふらっと相談に来て、困っているのを見つけて、うちに行ってあげたり何かと面倒をみてくれるやっぱりすごいなあ杉本さんさすが〜秋山さん今回は脇役ですねでも…これ、うちの診療所でもやってるなあ診療の合間だ…

東北に総合診療を!

東北に総合診療を!はるばる盛岡まで行き、ワールドカフェをして来ました。タイトルは、東北を総合診療医でいっぱいにするワールドカフェ!ぶち上げ過ぎたなあと思いますが、よくいう夢を語るタイプのワールドカフェを一度やってみたかったのです。だいたい…

そろそろソロ卒業

ずーっと何も書かないでいたのですが、 そうしているあいだに何も書けなくなってしまいそうなので とりあえず書いてみることにしました。 現在、うちの診療所には研修医が来ていないので、 実質ソロになっています。ソロプラクティスというやつ。 これは結構…

オレンジバルーンフェスタへ行く

ちょっと時間があったので新宿まで。 オレンジバルーンフェスタというがん啓蒙のイベントです。 厚生労働省支援事業〜HopeTree(ホープツリー)パパやママががんになったら〜 代表の大沢さんのお話。 親のがんをどう子供につたえるかのお話は初めて聞きまし…

醍醐味

ケアマネジャーから電話 「褥創があってどうしたら? 今度受診させてほしい」 動けない? 来るのはムリでしょ じゃあ、往診します 行ってみると 全身にあざ 臀部に もう少しで黒くなりそうな褥創 妻も認知症 息子さんは夜遅い 来てよかったな〜 同行した看護…