まちづくりと家庭医2

家庭医がコミュニティを育てる日々の記録

診療所

スマートな開業力

超・開業力 在宅医療・クリニック経営の新常識と新城式 作者: 新城拓也 出版社/メーカー: 金原出版 発売日: 2017/02/22 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る 緩和ケアで著名な新城先生の開業にまつわる解説書。他の類書に比べて、実践的で本音がた…

田舎医者が足りない

医師にとって、都市部で働くのか田舎での医療を選択するのかは、多くの人が迫られる命題です。 私は超田舎で生まれ育ったせいで田舎暮らしの大変さをわかっているつもりなのですが、一周回って、現在はやや田舎と呼ばれるところで仕事をしています。 田舎は…

診療所での情報検索

今日は情報検索をどうしているかについて書きたいと思います。 研修医のころ(18年前ぐらい)はどうしていたかと考えると、 ハリソンかセシルを買い込んで医局の机に並べ、 わからないことがあるとまずそれを引き、 でも、だいたいのことはワシントンマニュ…

診療所の抗生剤の使い方

ふと思いついて書いてみます。 診療所で抗生剤が必要になる場面は、 実はあまりありません。 多いのは膀胱炎です。 なぜか採用薬には第一も第二もセフェムがないため、困ってしまったのですがなんとかST合剤を手に入れて使っています。 あと、必要なのはペニ…