まちづくりと家庭医2

家庭医がコミュニティを育てる日々の記録

ポートフォリオ整理

卒後しばらくすると、自分を振り返ることがなくなります。たまの教育ワークショップで話を聞いてもらうとなんだか久しぶりに優しくされたような気になり嬉しいものです。医長なんかになるとそうなりますね。日々の記録ですが、Evernoteに第2の脳scansnapで紙…

地域包括ケアがわからない

この秋から「あらかわヘルシータウンクリエイティ部」というのを始めようと少しずつ準備をしています。 荒川近辺で医療と地域をつなぐネットワークを作る試みです。 先週末に研究発表会があり、地域包括ケアシステムについていろいろと勉強していたのですが…

先週から今週までの所長

先週専門医部会に出てからの日々。 水曜は、夜赤羽で勉強会。どちらかというと経営に偏ってきた傾向ありだが、初期メンバーに戻って安心。経営面も所長の興味。 木曜は、予約外来を終え、往診を代診したあとにもう23回めの多職種ケアカンファランス。自分…

総合診療専門医ができる意味

研修プログラム整備基準|一般社団法人日本専門医機構www.japan-senmon-i.jp せっかく専門医部会にでてきたので、一つトピックを。 上記のリンクから、今度できる総合診療専門医の整備基準が見られます。 なんだか総合診療科だけ資料が増えている気がします…

あらかわヘルシータウン!

地域で問題となっていることを調査してみたいと考えた時に、「アクションリサーチ」という方法をとることになる。これは質的研究に分類される。 これに「参加型」をつけた「参加型アクションリサーチ」を行う際には、研究者がしたいことを地域に持っていき調…

サプライズ問題

Facebookでよくあるサプライズケーキ、あれってなんだか嬉しいですよね。でも誰がサプライズしているかを考えるとなんだか虚しくなることがありました。所長のポケットマネー?それで組織がよくなる?これって職員旅行と同じで無理やりやっても意味ないんじ…

家庭医っぽいの

えーと今日のやることは、読影と書類かー。空き時間ありそうだから余裕だな。 はい、緩和の患者が呼吸困難で病院に受診した?で、これからこっち受診ね。うーん、どうなってるのかなあ、誰かわかる人いる? あ、先週、肺炎で帰した人悪くなってる、レントゲ…

診療所所長のリーダーシップ

診療所に職場を変えて6年目。 4回目のこども診療所が行われました。 はじめは診療所に小児を増やしたいと思って始めた企画も、いつの間にか定着し恒例のものになったみたいです。 参加者にも常連の子がいて顔見知りになれたり、お母さんが面白いからと知り合…

ズボラな人のtodoist

最近、お盆だなんだで忙しくて、ネタがありませんので、日々の仕事について少々。 古くはremember the milkからいろいろとtodoアプリを使ってきましたが、やっと継続できそうなものが見つかりました。 Todoist: Todoリスト | タスク管理 Doist 仕事効率化 無…

勝てる臨床研修

民医連と生協で他よりも研修医を集める方法は何か 総合診療はどこでも研修できる昨今 家庭医はここでしかできない? そうでもない 指導医が良い? 雰囲気が良い? 休みがたくさんある? 今更アウトローでもない セルフビルド コミュニケーション 柔軟さ 逆に…

地域病院のリクルート

病院は下町の住宅地にある。 地域からはかかりつけとして信頼されていて在宅にも力を入れて緩和ケアもある。 総合診療的にはシンボル的に研修をしてきたこの病院もやはり医者が不足している。 外来はほとんどがかかりつけでいくつもの病気を多重的にはもった…

聖地を訪ねる

今回、佐久総合病院を訪ねたきっかけはMedical Studioでお会いした佐久の地域ケアの方々でした。伝統ある佐久病院でコミュニティ活動を起こすのは何故なんだろうと。だんだんと以前の勢いはなくなっているとは聞き知っていたので。それはうちの生協のそれと…

医見書をMacで使う(まとめ)

ORCA Project: 医見書www.orca.med.or.jp 電子カルテのない診療所、病院で主治医意見書を書く際には、この医師会のソフト「医見書」が唯一のソフトと思われます。 荒川の場合、往診用にiphoneとipadを使用している関係から、サーバーをmacにしたいと私が思…

メンターとロールモデル

常々、メンターとはなんだろうと考えてきました。研修医にメンターをつけましょうとカリキュラムで言われますが、そう簡単ではないと思っています。 同じ病院の指導医がなることはなんとなく解せないところです。そこには利害関係があります。では少し離れた…

高齢者の外来スクリーニング

高齢者にやさしい診療所|医療福祉生協連age-friendly.org 診療所外来に来る患者さんは、生物医学的な問題(かぜ、腰痛、発熱など)だけではなく、なんらかの慢性的な健康問題を抱えています。 しかし、医師の診療だけではそれをすくい上げることが困難で、…

診療所所長をつくる

週4日勤務外来 6 (月〜木午前+午後2回)訪問診療 2条件24時間待機なし時間外会議なし当直 週1 あり金曜1日、土曜半日、夜間で0.5人確保できるかどう?

コンパやってみた

コンパの有用性 - まちづくりと家庭医2tetsu8kano.hatenablog.com 一回目は役職者のみで、会議しますという名目で召集。ぎりぎり時間外から2時間。席も決めて、きちんと意図の説明をして、仕事以外のこと話さないでねと念を押しました。 主任さん系が言いた…

学会報告二日目

二日目は朝から口演へ繰り出す。 昨晩やや遅くなりインタレストグループは断念。 PCFM出られず。 私は現在ヒラ会員なのです。 最初はしょーげん先生座長の「総合診療」系発表。 一例報告が多かったですが、 Numb chin 症候群、HHSにMERS、すごい疾患ばっかり…

学会報告初日

土日の疲れか時間もなくてなかなか書く時間が取れなかったのですが、とりあえず何か書き残しておきます。 1日目の夜に無謀にも2次会などを企画してしまったおかげでそれが気になり、学会発表どころじゃなくなっているというどうしようもない人ですが、まあ…

学会にも行きますよって

今週は学会の準備もやっています。まだ終わっていません…ポスターは在宅での問題を地域包括とともに安定化することができた事例を一つと、家庭医が行うコミュニティマネジメントについての発表をします。どちらも土曜の午後。 事例発表でいいかなと思いつつ…

うちのIT事情2015

前回の記事を踏襲して書いてみます。 うちのIT事情2013 - まちづくりと家庭医2tetsu8kano.hatenablog.com 検査予約googleドキュメントがipadで編集できなくなったので、icloudに変更。numbersで今のところ順調。 訪問看護との連携 ケアマネとの連携居宅はFA…

ケアプランを自分で

全国マイケアプランネットワークの夏の会合に参加しました。 以前から知っていたのですが、やっとのことで行くことができました。 会場は目黒の祐天寺、静かな住宅街にある竹内さんのご自宅で認知症カフェが定期的に開かれるという居心地のいいスペースでし…

それで何が変わるのか

最近、いろいろなところで地域活動について話す機会をいただく。なんとなくヘルスプロモーションを目的に始めたと思われがちだが、私の場合はそうではないことに気づいた。始めは人材マネジメントの困難さに嫌気がさし、たまたま出会ったコミュニティデザイ…

コンパの有用性

この本どう思うだろうか。京セラの会長がコンパ?飲みニケーショ指南の本かと思いきや、真面目な話。研修医のころは毎週症例カンファレンスがあった。前の日ギリギリまで準備しても、ボロクソに叩かれて、意気消沈するわけだけれど、終わると必ず指導医が飲…

地域と話す機会

昨日は荒川コミュニティカレッジの同窓会でした。簡単に説明すると5年前に始まった区の生涯学習講座で、健康福祉、まちづくり、共育、クリエィティブ、などに分かれたコミュニティー活性化のための場です。私は栄えある一期生。あらかわまる福プロジェクトも…

地域で話すとまた…

診療所に来て6年間、地域でいろいろな話をしてきた。家庭医が必要です、私は家庭医です。そこで言われること救急車を呼んだら、病院が見つからなかった。生協にも断られた。健康だからどこにもかかっていない。医師に相談するなんて敷居が高い。受診しないと…

教育に関して

巷でよく出る教育の話。人を教えることは素晴らしい、それで自分も成長できるよ、みんな俺みたいに教育やろうよ……正直、教育は面倒くさい。まっさらな大学ノートに知識だけ書き込んでいくのとは違って、それなりに口答えもして、間違った意見持ちまくりで、…

在宅医学会2日目!

訪問看護シンポジウム 最初のナイチンゲールの話は遅くなり聴けませんでした。 秋山正子さんのマギーズ東京プロジェクトのお話、何度も聞いて知っているはずなのに魅せられてしまう。すごい吸引力。 がん相談そのものよりも快適な場を提供することに重きが置…

在宅医学会1日目

在宅医学会1日目 緩和ケアのこころ 淀川キリスト教病院 柏木先生 あまり詳しくないのですが、緩和医療学会を立ち上げたのはこの先生。 語りが素晴らしいと思ったら、元精神科医。 プレゼンでは、 患者さんに寄り添うことは「横から」の支援、 支えることは…

総合診療専門医決まる

えらそうに言える立場でもないが、一応いろいろ考えるので書いてみる。内科専門医と総合診療専門医、違いは何か|医療維新 - m3.comの医療コラム相変わらず分かりにくいことこの上ないこの記事。総合、家庭、内科、これは患者目線であろうか。わかんないでし…

訪問診療のニュアンス

今週はなんと往診5回!疲れてきた…週末も在宅医学会というなんと在宅の週なんか。訪問診療について思うこと。病気だけならそんなに難しくない。それより、椅子の位置とか、ベッドの低さとかそういうの。あと、家族の協力の意識。そのへんのニュアンスはカル…

新年度!

新年度の始まり…なんだか焦る焦っていないことに焦る家庭医としてはていねいな仕事を心がけるそれのみコミュニティは地域と本気で向き合うべしもっと外に出ていくぞ〜研究は…できるんかいな、本当に。でも1本書く。一番はうちの子育ての安定化どれだけ夜早く…

書類書き

この仕事何が大変なんだろうと考えてみるが、お風呂の中でもトイレの中でも熟慮してみるが思いつかない。やっぱり書類だろと考えるが、残業するほど溜まっていないし、書くのが難しいのなんて難病のくらいしかないし。月一の訪問看護書類も半日もあれば終わ…

ピッチって何?

MedicalStudioのアイデアピッチに參加しました。 良い発表がたくさんありまして、とても興奮しました。 多くの発表はもっと地域に出て活動していこうといったもので、 共感できるものばかりでした。 なかでも印象的だったのが、 地域医療で有名な某S病院のと…

確定申告と雑所得

確定申告の時期です。私のようなのらりくらりとした医者は縁がありませんでしたが、今年は諸々の事情から行うことに。いつも気になるのが原稿料などの雑所得。20万円を越えると申告が必要なようです。まあそんなにないですけど。で、ときどき頂く原稿依頼。…

続・家庭医療的視点

病院においてもそうで診療所でどんだけ苦労して病院探しているとかデイケアとデイサービスはどう違うかとか区の保健師さんがいかに頼れるかとかは病院にいたら絶対にわからないおうちでの担当者会議とかケアマネージャーとの直接の付き合いだとか在宅での血…

家庭医療的視点

今日レジデントデイに来ていらっしゃった内科研修医の先生がこんなに充実した振り返り出来るなんて素晴らしいですと絶賛されていた面子がすごいですとか濃いですとか(言ってない)内科専門医が総合診療に関わる時代そういえば、専門医から総合診療医へのチェ…

落ち着いた日々

研究プロトコル発表から2週間。やっと通常モード、プログは書けず。所詮自己顕示のためかと罵りつつ、気持ちの整理のため書いてみる。出したのは3本。地域病院との連携についての研究と、言葉による患者医師関係の質的研究、それに複雑事例を扱う診療所医師…

RQそろそろ決める

研究について今年初めに書いたわけだけれど、来週末に迫ったプロトコル発表会。 さてどうするか。。 臨床研究のABC 作者: 名郷直樹 出版社/メーカー: メディカルサイエンス社 発売日: 2009/06/11 メディア: 単行本 クリック: 6回 この商品を含むブログを見る…

ナンバーワンにならなくても

先週は院内外の講演3つを掛け持ちして、なんだか落ち着かない週でした。どれもぎりぎりまで準備をしていて余裕がなく、本当にこれでいいのかなあという気もしましたけど。それなりに喜んでもらえたようです。 昨日テレビ東京でやっていた1位じゃなくていい…

会議で決まったことが忘れ去られるのはなぜか

会議で決まったことがどうして忘れ去られてしまうか それが今日の会議で話し合われたことでした。 せっかくそれなりの方針で決まったことも 次の会議で報告されることもなく放置され しばらくしてあれどうなったっけ ああまだ担当者が忙しくて進んでいません…

失敗したことがある

例えば、胃ろうチューブ交換なんて簡単じゃん、確かに誰でもできる、、。交換したことがある交換するのを見たことがある何回か交換したことがある詰まったときに対応したことがある入れる場所を間違うと腹膜炎を起こすことを知っている腹膜炎を見たことがあ…

コミュニティ活動について

自分の組織に呼ばれて話す機会があった。少し講義をした後に質問を受けたのだが、3人ぐらいの隣り同士で感想を共有してもらうことをやった。質問はあまり出なかったので、こちらで少し話題を振りながら、さらにこれはとい人物に話を振っていき、なんとなくス…

icloudで問題なし

Mac

googleスプレッドシートが突然の仕様変更で ブラウザでの変更ができなくなってしまって困ったので、 仕方なくiworkに乗り換えたんですが、これがいい! Numbersなら、共有リンクをメールで送っても編集できるのと、 そもそもicloudでなんでもできます。 Appl…

義務と演技の狭間で

コミュニティは義務ではない。働くみんなのモティベーション論 (NTT出版ライブラリーレゾナント)作者: 金井壽宏出版社/メーカー: NTT出版発売日: 2006/10/13メディア: 単行本(ソフトカバー)購入: 4人 クリック: 110回この商品を含むブログ (26件) を見る …

電話しちゃえば早い

公園の七変化 写真とタイトルは関係ありません。とにかく電話するのです。LINEもメールもFacebookもいいけど電話することの利点は計り知れないたまに、えーとはにゃふにゃて看護師さんですか、え、お医者さん!そうでしたかそんなの別のとこで聞いてください…

パスワードがわからない

パスワードがわからなくなっちゃって動きません、、 と看護師さんに言われたので 「パスワードが忘れたとき・・」 とかクリックして、 再設定しなおして、はいできましたよと渡す。 Macのキーチェーンとか使えば、 パスワード覚えなくてもいいのにな、 最近…

在宅でもう少しiPadを使いたい

iPadを持って在宅出かける初めは佐久間さんですと音声が教えてくれ地図でナビが表示され、近づくとアラームが鳴る血圧アプリを開き、マンシェットを接続して測定すると自動で記録問診、診察は音声で入力次回の予定を聞くとショートステイが入っていたので、…

在宅医療まとめ

うちの在宅医療の年末年始二つの診療所合わせて100件の患者さんコールは1日3-4件出動は1日1回あるかどうかで、医師1名、看護師各診療所1人ずつ待機です。重症入院もありました。これでもグループ診療の形態をとっており、複数医師で交代できるだけましな…

気がついたら仕事が溜まってきた

大した役付もないから、 結構好きな様にやっているはずなのに気づいてみたら、 区のこども支援講座の準備(毎年) 生協のビジョン的なものの理事会での講師(大丈夫か) 家庭医療の再履修ケースライティング案(まだ) 研究プロトコルいくつか(これが大物)…