読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まちづくりと家庭医2

家庭医がコミュニティを育てる日々の記録

ゆっくり

どこまでやったらいいか?


マニャーナの法則 明日できることを今日やるな

マニャーナの法則 明日できることを今日やるな


のなかにでてくる、「白紙の時間」のこと。
スケジュールのなかの空白の時間、ありますね。
病院勤務医で言ったら、「病棟」っていう時間です。
会議、カンファランス、レクチャーが入っていない、
ただの仕事時間、ここをおろそかにしちゃいけないと書いてある。


あー、そうだな、と再確認。
なんとなく、そういう時間が、無駄だなと
思い始めていた節がある。
それがいけない。
若い頃にも、必ずそう思う。
そんな時間はいらない、なんて。


でも、そこが指導の時間なのだな。
そこで、研修医の話を聞き、
一緒に考えるというのが、
つまりは指導、それ以外ない。
サポートしながらでないと最良の成長は得られない。


予定のない日、ばんざい。
唯一予定のない第5週、ありがとう。