読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まちづくりと家庭医2

家庭医がコミュニティを育てる日々の記録

病棟ではたらく医者のつぶやき

ちょっと暇だったのでこんなのを作ってみた。
総合内科医者の10の特徴

  1. 血液培養は2セット以外考えられない
  2. 何がなくともバイタルが先にプレゼンすべき
  3. III音が聞こえますといったらいてもたってもいられない
  4. 研修医の成長が何よりも楽しみ
  5. ハリソンは一度読破した
  6. 休みの日も患者を見に行くことは苦にならない
  7. 専門医とうまくやる方法を知っている
  8. 家族から仕事人間と思われている
  9. 時計をみなくても呼吸数と脈拍が測れる
  10. やたらと教訓を見いだしたがる

8点以上であなたも総合内科医です!なんちって。
これと家庭医を目指す研修医の傾向はちょっと違う気がするなあ。病棟で働く内科医というとやっぱり総合内科のイメージであって、家庭医ではない。一般内科っていうほうがいいかも。こういう医者がどのくらいつくれるかで、病棟での教育レベルが決まると思うのだが、そのモデルはいまのところないし、どちらかといえば斜陽である。hospitalistがその役割をするのか?それともchief residentなのか?そこのクライテリアが決まればおもしろいなあ。今週はほぼ日でティアニーと会えるから楽しみ。

ティアニー先生の診断入門

ティアニー先生の診断入門