読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まちづくりと家庭医2

家庭医がコミュニティを育てる日々の記録

退院前カンファレンス

東京でも連携のすすんでいる板橋区医師会のカンファレンスシートを見ると



再入院を繰り返している
退院後の継続的医療処置が必要
退院後のADLの低下が予想される
独居、高齢世帯、介護不安がある

などの目的で行われることになっている。

在宅からみると、どうしたって当てはまるだろうという人がカンファレンスなしで退院してくる。
担癌患者であって今後緩和が必要と考えられても、いまだにカンファレンスが行われない。

食い下がって聞いてみると
多くは主治医の判断で決まっている。
必要ないと言われましたという答えが返ってくる。

必要ない?

ケアマネさんもそれでは困るので在宅に帰ったそばから、在宅スタッフを集めてカンファレンスを行うことになる。

チーム医療とかいいながら病院での連携はいまだにその程度である。

家庭医療とか総合診療とか以前の問題なんだけどなあ。

では。