読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まちづくりと家庭医2

家庭医がコミュニティを育てる日々の記録

質的で走りたい

読書メモ

質的研究の方法―いのちの“現場”を読みとく

質的研究の方法―いのちの“現場”を読みとく

演繹 仮説を立てて証明
 主に量的研究
帰納 事実から仮説を見出す
 主に質的研究

看護の質的研究がどうもさえない理由
 自己規制的であること
「こんなことがあって、こんなこともあって、私もそう思うし、看護をもっと頑張ろうと思います」みたいな

アブダクション 第三の方法
 事実から理論への飛躍、ひらめき
日々見ているものから推論し法則を見出す、発見する



日々の悩みに名前をつける
これはこうなっているのだ
国家から個人までを対象とする文化人類学
医療人類学という分野
経験から導き出す

医療者の研究は質的研究であるべきと思う。
自分たちそのものを測るので、相対化が難しい。
自分のところの調査は自分ではできないかもしれない。
でもやりたいのだ。

このブログでもネタにならないデータ書いていきますので、
またよろしくお願いします〜。