読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まちづくりと家庭医2

家庭医がコミュニティを育てる日々の記録

ジェネラリストを考える会

東大で開催されたセミナーに出席しました。
10年目にもなるのに参加者としてってどうかと思いながら、
自分が楽しもうと思って参加したのですが、
やっぱり楽しい!
ジェネラリストを目指す同志が一同に集まって、
日頃の悩みを話し合ったり、症例検討したりするのですが、
すごく同じようなことを考えているんですよね。
自分が医師としてどう生きて行ったらいいかとかいう
根本的な悩みがわりと解決するというのか。
普通の専門医と違って、決められたレールがないということが
自由すぎて不安になるのだけれど、
そこをおしてジェネラリストを目指すことの楽しさがある。
要は患者さんを通して医療をしているということを
忘れずにやって行く視点を続けることかもしれません。
自分のキャリアだけじゃなくて、社会的にも影響していける力を
持って、事に当たって行く、姿勢。
みんな楽しんでるんだよなー、苦しいんだけど。
悩むことが大事と誰かが言っていました。
そう悩み続けようと思います、これからもね。

悩む力 (集英社新書 444C)

悩む力 (集英社新書 444C)

プライマリ 地域へむかう医師のために

プライマリ 地域へむかう医師のために