読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まちづくりと家庭医2

家庭医がコミュニティを育てる日々の記録

責任のとり方

自分とは関係のないことにも謝らなければならないのが大人。

そう思ったのが今日。

大体ここはどうなっているんだ、それでいいのかとクレームが付く。

自分の非じゃないのに、謝るのか。

山一證券の専務だって泣いて謝っていた。

自分がしたことじゃなくたって、管理者なら謝らなければならない。

見に覚えがなくたって、責任がかぶってくることがある。

あーー。

「はい、ごめんなさい、すみません」

「今度からは気をつけます」

そう素直に言えるか、言えなきゃだめだよなあ。

自分をメタ認知して、こういうときでも耐えられるのをほくそ笑む。

例えそれがクレーマーやモンスターなんとかであってもなあ。

好調、好調と思っていた時に限ってだ。

 

それは会社スキルというのだろうか、社会人スキルか。

どんな時も切れてはいけない。

ああ、平静の心。

感情で動く人たちと論理で動く人たちの集団で。

 

そういえば、情理という言葉を初めて知った。

合理に対する言葉で、価値観とか感情を情理という。

人間は限定合理性をもっているらしい。

1,000円を2人で分けるとしたら、合理的に分ければ、

999円が自分で1円が相手なのだそう。

しかし、色々考えると、その比率が変わってくる。

感情が入らないことってあんまりない。

 

さて〜、もう寝るか。