読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まちづくりと家庭医2

家庭医がコミュニティを育てる日々の記録

義務と演技の狭間で

コミュニティは義務ではない。働くみんなのモティベーション論 (NTT出版ライブラリーレゾナント)

働くみんなのモティベーション論 (NTT出版ライブラリーレゾナント)

好きな人が好きなようにやるのがコミュニティ。
楽しいから集まるし、やりたくなければ来ない。
仕事とは違うわけである。

初めからコミュニティマネージメントの手法を仕事に取り入れられないかなと考えていたけれど、
やはり両者は違う。
日曜日を空けてまでやろうとするのは自分のしたいことだけである。
もちろんそれが仕事の場合もある。

仕事なら義務としてやらせることができるが、コミュニティでは強制することはない。
業務内か時間外かは割と永遠かつ普遍的なの課題なようだ。
それぞれのモチベーションも絡み、悩みは深くなる。


今日はその辺も勉強してきます。

では。