読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まちづくりと家庭医2

家庭医がコミュニティを育てる日々の記録

いやんなっちゃうこと

大学病院にわざわざ紹介したのに、主治医に見てもらえず、

適当にあしらわれて返されてしまった患者さんを診ること。

その主治医に怒鳴られて帰ってきた人の愚痴を聞くこと。

いわゆる「近医」のしごと。

どうしてこんなになるまでほうっておいたの!と実地医家の先生方はいつも言われている。

たかだか数年の経験しかない紫色の手術着みたいなのをダラしなくきた救急の研修医に。

いつまで立っても病院の先生、専門の先生が偉くて、地域でやっている先生は最先端から遅れている。

そんなわけないじゃんか、ずーっとその場所でやっている先生がどんだけ患者のことを思っているか。

どれだけ仕事をしているか。若造がなにをいうか。

病院の事情が最優先される日本、いやんなっちゃいます。